ホーム / 不登校に関する記事 / 不登校タイプ

ストレスによる神経症を伴う型

※あくまで一例として紹介します。

特徴 他記事で紹介した「情緒混乱型」の1部の子どもで、該当する場合がある。 几帳面や主観的なこだわりを持っているケースが多く、自分の内的な世界にこもる傾向がある 頭痛や腹痛や吐き気や発熱などの身体症状や強迫性の神経症状が出てくる。 また、摂食障害や自傷行為等の症状も伴うことがある。 登校によるストレスや不登校状態にあることを自分自身で否定してしまう考え方になるケースが
原因 登校刺激による外的なストレスや不登校状態にあることによる自己否定な感じ方や見方、考え方等の 内的なストレスから二次的に生じてくる反応が原因のケースが多い。 精神疾患の初期症状として不登校になっているケースもあり、代表的な精神病は統合失調症で 思春期に発症しやすいケースがある。
症状 対人恐怖・醜形恐怖・摂食障害・うつ病・躁病・双極性障害・不潔恐怖・統合失調症等がある また、頭痛や腹痛や吐き気や発熱などの身体症状や強迫性の神経症状を出す。
サポート内容 休み始めは休養期間であることを伝えて、安心感を与えると同時に、失跡や家庭訪問などの 外的ストレスを与えないように取り組む 神経症性の症状が出たときは、登校刺激になるようなことを避けて精神的な休息を取れる環境づくり を行い、できるだけ早く専門のクリニックを受診することが好ましい。 しかし、本人に病的認識がない場合、本人の気持ちを傷つけてしまう可能性があるため、 無理に通院させるのはNG 普段とは異なる様子を本人に伝え、身体・精神的に心配していること納得させてから、 本人の了承を経て病院に行くことが大切。 神経症の回復は専門医の指示に従いながら治療を行うのが望ましいが、克服に向けては 直そうとする本人の意思が必要不可欠なので、過度な負担にならないように進めていくことが重要です。 症状が安定してきたら負担にならない程度に学習や運動などを行い、同世代との経験値の 差を作らないための取り組みを進めていく。 ストレスによる神経症を伴う型は本人の意思で回復の進行度合いが左右されることが多いが、 親御さんの精神的不安や負担が非常に大きいです。サポートに徹するあまりに親御さんの メンタルケアがおろそかになってしまいがちですし、何よりわが子を心配するあまりに 親御さんが自分を犠牲にして考え込んでしまうケースも非常に多いです。 なので、親御さんのメンタルケアも適宜行っていく必要があります。
不登校専門個別指導ティントルでは生徒本人に合わせての関わり方はもちろんですが、ご家庭の相談事への対応が指導を進めていく中で一番重要であると考えています。
無料相談やLINE相談では専門の知識を持ったスタッフが本人やご家庭の状況をカウンセリングし抱えている不安や悩みに対応していきます。
お気軽にご相談ください。
戻る
ホーム / 不登校に関する記事 / 不登校タイプ

ストレスによる神経症を伴う型

※生徒一人一人に合わせていきますが、あくまで一例として紹介します。

戻る